So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

天気図のみ方 藤井幸雄著 [本の紹介]



評価:5

書棚を整理したとき出てきた本。ロシアをソビエト、hPaをミリバールと表記している程古い本。
どうしてこの本が書棚にあったのか、購入したのかは不明。

小学時代、雲を眺めるのが好きだった。授業なんか見向きもせずにボーッと雲の流れを見つめていた。そんな経験があったから衝動買いでもしたのだろう。


いざ読んでみるとこれがまた面白い。天気図に関しては基礎的知識があったためかサクサク読んでうろ覚えなところは再確認して完読。100頁強なので知識がなくてもそんなに時間がかかるような難読本ではない。

とまあ、お勧めしても現在は販売してないかな。

nice!(0)  コメント(0) 

ゴロゴ板野の現代文解法565パターン集 板野博行著 [本の紹介]



評価:5

目から鱗、こういう解説本が欲しかった。受験生に人気があるらしいという事で古本屋で購入したが、正に「お宝発見」である。
ネットの掲示板でも「板野はネ申」という声が踊っているが、私もそう思う。
「コーヒーが好きだ」の件は思わず「あっ」と叫んだ人も多かったのではないか。
無意識に使う日本語も、難解な言葉になると混乱する。これを簡単な文章でパターン解説した著者は凄いと思う。兎角現代文はムラの出る科目だが、そういう悩んでいる受験生の”欠点”を見事に理解しているからこそここまで辿り着いたのだろう。

無論批判的な意見もある。
「テクニックに走っているだけ」→まあ、そういう意見もあるだろうがそのテクニックで「理解が進む」のだから言うこと無し。
「難解大には対応できない」→これはどうだろう。大学によりけりじゃないかな。
「使えなかった」→「このキーワードが出たとき3行前までに解答がある」みたいに言い切っている箇所があるけれど、それを真に受けたらやはり受からない事も出てくると思うよ。

個人的には増補分で「コペルニクス的転回」とか当たり前のことを大袈裟に書いていて「ウザ~」とは思ったけれど、そんなものは吹っ飛ぶくらい嬉しかった本。

☆☆☆ 板野博行先生、有難うございました ☆☆☆

---------------
余談
一通り読み、1日半
精読読み+解答、1日半
きちんと暗記しなければいけない事項は、それ以降に費やした。
現在、別の問題集を解いて「本の実力」を確認中。
学生で時間に余裕のある人なら問題を解きながらでも1日ちょいで終わらせられると思う。

なのに、だ。

古本で買ったのだから、当然前の所有者がいた訳なんだが、その人が書き込みをしていた。
気になったのは、その人の書き込みが丁度半分(p100位)でピタっと止まっているのだ。
どうやら途中で辞めちゃったらしい。
合わない参考書なら早めに見切りを付けるのは時間の節約として正しい行為だとおもうが、幾らなんでもこれだけ薄っぺらい(中身は濃いよ)本で途中放棄はなかろうて。

結局、出来ない受験生って途中で投げ出したりしたりするタイプが多いのかな。
(希望の大学に受かっていたら御免ね)

nice!(0)  コメント(0) 

教養としての大学受験国語 石原千秋 著 [本の紹介]

前置き
今年のセンター国語現代文(評論)の得点は16点だった。
新聞に載っていたものを職場の昼休みに解いたとはいえ、これはあまりにも酷い。

そこでアマゾンで適当に評価の高い本を注文したら、届いたのは同じ著者だけれども小説の方だった。表紙が似ているので確認を怠りクリックしてしまったらしい。
慌てて再注文をした。

小説も満点とは程遠かったため、誤発注のこの本を解く。
これがあまりにも酷い内容だった。
http://eigobaka.blog.so-net.ne.jp/2012-03-13

私の彼への評価はかなり下となった。


本題
ここに1冊の本がある。そう誤発注の後に正しく注文したものだ。

これを読むにあたって次の点を自分に言い聞かせた。
目的は16点をアップさせるコツを掴むこと。
その為には、著者に対するマイナス印象を忘れること。
知らないことが出てきた場合、謙虚に学ぼうという意識を念頭に置くこと。

それでも、
評価:1(最低)
現役高校生も浪人生も社会人も買わないように。

「二項対立」を用いて問題を解く、ただの問題集。
「教養としての」というタイトルは社会人をターゲットにする為付けたものだろうが文庫本サイズになっているだけ。高校の参考書を電車の中で読む社会人は滅多にいないからね。
「役に立つか」と聞かれれば、あんまり。
「参考になったか」と聞かれれば、まあまあ。
「力が付くか」と聞かれれば、大量に問題が載っているのできちんとやればソコソコ付くのでは。

参考になった点はやはり対立軸を常に意識する、ということ。受験という限られた時間の中でそれが出来るのかどうかは本人の力のつけ次第と言った所か。
参考にならなかった点。やはり不親切。例えば第5章過去問⑩問4。傍線が問題の最初のほうにありながら、回答すべき箇所が最後のほうにあるパターン。
こういうのに受験生は手を焼くのだ。が、この本の解説は「『~であり、かつ商品である』と述べているところを探せばいい(略)。『まあ、こういうことを聞きたいんだろうな』と考えて、構文を探すのである。」

そんな時間あるか。

評論は出来れば1回読むだけ。多くても2回までだ。著者の考えだと各問毎に問題を読み返さなければならなくなる。受験生が求めているのは、1回読んだだけで内容が理解できるようになる解読手法だ。
これを抜きにして、問題の解説をされても、仮にそれが正しいにせよ、(ふうん、なるほどねぇ)という印象しかもてない。

無意味な太字も気になる。通常、重要なポイントに付加するものだが、「山口百恵」「中山美穂」を太字にする意味が分からない。無論これだけではない。所々太字があるのだが、重要なものに絞るべきだろう。

さて、評価を2ではなく1にした理由に迫る。著書の中で数多くの本を紹介しているのだが、参考までに丸善に行って「新釈 現代文」高田瑞穂著を立ち読みしに行った。
(現役で活躍している、若い予備校講師の姉ちゃんか、それともオバちゃんか)と思いながら、ね。
店の端末に「タカダミズホ」と入力し場所を確認し書棚のほうへ向かうと・・・高校参考書のコーナーではなかった。文庫本コーナーでそれを見つけ、手にとって見ると、、、

成城大学名誉教授の昔書かれた参考書(復刻版)だった。

つまり、自分の出身大学の名誉教授を持ち上げただけか。溜息混じりに独り言「新釈 現代文 ちくま学芸文庫・・・」と呟く。そして、ある疑問を感じつつ家に帰って確信を持つ。

「教養としての~」も、ちくま新書。

序章 高田瑞穂→ちくま

参考文献
第一章 山田→ちくま
第二章 竹田→ちくま、本田→ちくま
第三章 上野→ちくま
第四章 鷲田→ちくま、小谷野→ちくま
第五章 今村→ちくま
第六章 西垣→ちくま、桜井→ちくま
第七章 大澤→ちくま
第八章 赤坂→ちくま


問題文
第三章 上野千鶴子→ちくま
第四章 上野千鶴子→ちくま
第五章 上野千鶴子→ちくま
同じく第五章 岩井克人→ちくま

その他
第五章 「講談社学術文庫とちくま学芸文庫は要注意だ。」
第七章 「筑摩書房から著作集が刊行された」

「大学受験のための小説講義」で予備校講師を「引用を表記していない」と糾弾しておきながら、貴方は参考文献を「ちくま書房」の宣伝に使用ですか。読者を馬鹿にするのもいい加減にしなさい。

私は別の評論文解読の本を買いなおしましたよ。まだ読みかけですが、かなり良いです。


余談 - 石原が良書と紹介している本の、他の方の評価。

某ブログより
【タイトル】MD BOOKS 現代文 評論文ガッチリ読破術
【著者】辻本浩三
石原千秋の「教養としての大学受験国語」で「基礎強化入試現代文」と並んで「良心的」と評されたために不当に評価の高まっている本。

アマゾンのレビューより
新釈 現代文 (ちくま学芸文庫)
かつては他にマトモな参考書が無かったためベストセラーだったが、昭和末期にはすでに時代遅れで猫跨ぎされた参考書。その後、出版元が倒産したことからも末期にどれだけ不人気だったか分かる。
この本の人気が再燃したのは著者の弟子筋に当たる石原千秋が「教養としての大学受験国語」の中で持ち上げたからだが、今回の石原による解説もひどいものである。小西甚一氏の名著「古文研究法」を受験勉強で使用したと書きながら、あろうことか出版社を「落陽」社として平気でいる(当然「洛陽の紙価を高める」から「"洛"陽社」が正しい)。こんな初歩的なミスを見落とすようでは筑摩書房の編集者の程度も知れよう。売れているようなので次の版で絶対に訂正すべきである。
この本のミソは冒頭から繰り返される「たった一つのこと」で、それが何なのか、どう役に立つのかは伏せたまま原著の第三章59ページまで引っ張った末に「たった一つのこと」とは「追跡」だという。
ところが「何を手がかりにしてどう追跡するのか」といった方法論については具体的に何も語ってくれない。読書百遍意自ずから通ず。答が出ないのは読者の「追跡」の仕方が悪いからと一刀両断である。これが六〇年代の参考書といってしまえばそれまでなのだが。
確かに出題された文章1つ1つの説明量は結構なものだが、重要なところもそうでないところも一緒くたに一本調子で説明するからメリハリが無く今時の学生なら間違いなく睡眠薬替わりとして使えるだろう。本書を前にしたら「イイタイコト」の藤田修一師の本ですら名著に見えてくる。
こんな骨董品をありがたがるのは四〇過ぎのオジサン、オバサンだけで、間違っても大学受験生を持つ親御さんは子供に買い与えないように。



「楽」さん、何か言いたい事ありますか?

nice!(0)  コメント(27) 

伊田古文講義の実況中継 伊田裕 著 [本の紹介]



最初に断っておきたい。この本は1世代前の物で現在売られているものではない。

評価:1
ゴミと言って良い。朝から読んでいたが話にならない。
講師が悪いのではない。実況中継シリーズなんて出している語学春秋社の企画が悪いのだ。予備校の学生はテキストを持っており、それを元に講義を進めていたのだろう。が、実況中継のみを買った者にはそれが無いが為に何を言っているのか不明なのだ。
話もトビトビで、暗記項目を抑えきれない。例えば、助動詞の解説の所で「大今水増」や副詞の話をしたり、といった感じで何もかもがごちゃ混ぜなのだ。多分、受講生には暗記しやすいように、綺麗に纏められた冊子が配られていたんだろうね。

今日は仕事が休みなので、この本の整理で終わるだろうがコピー代幾ら掛かる事やら。


nice!(0)  コメント(0) 

対数eの不思議 堀場芳数 著 [本の紹介]



評価:3

 ブルーバックスは感心するものが多い。この本も御多分に漏れず、良書といって差し支えないだろう。数学の中の無理数「e(2.71828)」に特化した内容も好感が持てる。


 さて、この(手の)本の読み方について
 教科書ではないので全部を理解しようとしないこと。解らない内容が記述されていても読み飛ばした方がいい。そう割り切らないと、上の写真のように色褪せる程何時までもダラダラと保有し続ける羽目になる。サクサク読んでサクサク捨てよう。
 尚、この本も古代エジプトの話から始まっている。数学界の暗黙の掟なのか?



nice!(0)  コメント(0) 

日本語練習帳 大野晋 著 [本の紹介]



評価:3

 私は母国語である日本語が下手だと思う。言いたいことをうまく要約できなかったりして旨く相手に伝えられない文章を書いてしまうのだ。そんな折、本屋に積まれていたこの本のタイトルに目が行き衝動買いをしてしまったのは彼是3年前か。その後本棚の肥やしになってしまっていたので、今回一気に読み通した。

 成程ね、そういわれればそうだ、うんうん仰るとおり、と思いながら読み途中にある問題も解き、今朝完読した。

良かった点
・「が」と「は」の使い分けは日本人なら自然に身に付いているが、難読な文章ともなると混乱してしまう。今回、この違いをはっきり説明していた件はとても参考になった。
・個人的な事だが、過去に谷崎潤一郎の「少年」を読んだとき、
http://eigobaka.blog.so-net.ne.jp/2012-01-17
女中が正しい敬語を使いこなしている箇所に敬服した記憶がある。
今回、なんとこの「少年」のしかも私が頭を垂れたシーンが、正しく敬語を使いこなしている例として紹介されているではないか。こういう繋がりと出会うのは非常に嬉しい。
・現在「日本語検定」と「漢字検定」の学習中であるが、前者の方の役には立つ。

悪かった点
・ある方が、ブログでこの本を批判的に書いてある。要は、「この本を読んだからといって本当に日本語が上達するのか」と言っているのだ。
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-1426.html
そう言われてみれば、確かにそんな気もする。
私自身、今まで好き勝手に自分の率直な感想評価をしてきた。どんなに売れたか評判が良いかという声は無関係だ。が、この方の評価を読んで私の感想は正直かなり揺れた。確かに、「上達するだろうか」と自問すれば、答えはノーに近くなる気がするのだ。

が、

>ちゃんと日本語がわかる人でホントに本書が役に立ったと思う人がいるなら、ぜひ意見を聞いてみたい。

と書かれてあるので、きちんと日本語が判ると言い切れない私にとっては参考になりましたよ、と答えておきます。答える資格すらないのでは、という疑問は勘弁して欲しい。だって、ちゃんと日本語が判る人なら日本語練習帳なんて買わないでしょ。


nice!(1)  コメント(0) 

数学する精神 加藤文元 著 [本の紹介]



評価:2
学術的な本に低い評価を付けると「読解力が無いからだろ」と言われそうだが、ここは素直に「はい、そうです。」と答えておこう。
社会人向けに書かれた数学書に共通している不満がある。
・どうしてピタゴラスの定理を取り上げるの
・どうして無理数を取り上げるの
何れも小中学校で習う話で、読まされる方は(なんで今更)という感を抱くのは必然だ。
数学の精神には、数の連続性や規則の発見に対する考えや疑問が必要なのは判るが、古代エジプトの話はもう聞き飽きた。

高校生ともなると虚数を学ぶ。どうして二乗してマイナスになる記号が必要なんだ、と思う人も多いかもしれない。しかし、その有用性は理数系の大学に入らないと理解できない。だから多くの高校生はただ計算方法だけを頭に叩き込んで受験勉強をしなければならない。

著者もこの点は十分承知しているらしく、丁寧に書いていた。しかも、虚数の有用性を延々と書いてしまっては読者からそっぽを向かれるだろう事も理解してか、きっかけを導き出す程度で済ませてある。この辺はかなり良心的だ。

後半 パスカルの三角形の上半分は全て0になるのだが、それを態々nCr を使い、n<rとして検算している。これは高校生でやってみる人は少ないだろう。以降、パスカルの半平面へ展開し、nCrのnがマイナスになり、面倒なのでライプニッツ記号に置き換わった話などは興味深い。

私が数学に対して造詣を深めようとしたら、この後半部分をもっと精読し実際に演算して体感しなければならないだろう。

nice!(0)  コメント(0) 

原古文単語講義の実況中継(上・下) 原 栄一著 語学春秋社 [本の紹介]



評価:3

絶版らしい。内容は悪くは無い。単語は語源の漢字で覚える、という基本を踏襲しているし判りやすい。
ゴロゴと原の2つをやったので、古文単語は充分だろう。

頭に入ったんだから、速攻廃棄(←この考え、重要!)。

-----------

余談だけれど、高校の学習範囲って、国語、数学、社会、理科系2or3、英語だよね。
その国語の中の「古典」という分野の、更に一部の「古文単語」という講座を予備校は開いていたの?
そりゃ確かに単語は重要だし、今回勉強して以前より確実に古文が読める力は付いたと思うけれど、幾らなんでも単語の講座というのは遣り過ぎなんじゃないの?
まあ、本を買って読んだだけの私がどうこう言う話でもないけど。

nice!(0)  コメント(0) 

私の万葉集 大岡信著 [本の紹介]



評価:5

万葉集と聞くと敷居が高い気がするが、そうでもないよと安心させてくれる1冊。
風景や恋を歌ったものばかりではなく、遊びで作られたものも多数存在している。
また、時代、文法や言葉、人間関係の解説あり、と至れり尽くせり。

気軽に読めるが、もし本気で読みたいのなら、古代日本史の年表と人間関係図をネットで落とし、印刷して壁に貼って読むと良いかも知れない。何せ、私は壬申の乱も知らない(高校の社会は地理)人間なので。

現在古文の再学習をしているが、恋文や返歌をササッと作れるようになる日は訪れるのだろうか。

nice!(0)  コメント(0) 

英熟語が面白いほど頭に入る本 吉田貞雄著 [本の紹介]



評価:(2)
途中で挫折した。まず、面白いように、というタイトルは大袈裟、集中暗記にも不向きな記述。
熟語を使った文少ない。CDも無い。

それでも遣り通せばそれなりに力は付いたと思う。脱落した私が評価する立場には無いが上記の理由により4は付けられない。断っておくがこの本は(も)かなり古いものでCD付属なんて一般的ではなかった時期のものだ。だから、著者が悪いのではない。

私が英熟語をマスターしようとしたらやはりCD付でDUO3.0のように文として使われているものを購入するだろう。

nice!(0)  コメント(0)