So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

武器よさらば ヘミングウェイ著 大久保康雄訳 [本の紹介]



外国文学が余り好きになれない読書家というのもそれなりにいると思う。理由は人それぞれだろうが、多くは「名前が頭に入らない」「顔がイメージできない」「地名が出てきても光景が思い浮かばない」「仕草や冗談の意味する理由が不明」「文体が馴染み難い」等が挙げられるのではないか。少なくとも私はそうだ。がだからと云ってこのまま書棚に放置しておく訳にもいかず捨てるのも勿体ない。という流れで一気に読み終えた。


評価:4
コミカルな恋愛と息を飲む脱出劇が折り混ざった秀作。文体に馴れれば読書量も加速していき、後半はトイレに入っている時ですら手放さず続きを読みたがるだろう。ラストの余韻は冷めやらず、読み終えた充実感が暫く残る。地名も正確なのでgoogle map で調べてみると事さら面白みが増すのでお勧め。


と評価はしたが、不満も少しだけ。新潮文庫さんさぁ、裏表紙に要約を載せてあるけどネタバレを書くのは止めようや。以前から、(絶対に裏表紙の要約だけは読むものか)と心して読むことにしているよ。今回も、読み終えた後に目を通したが、本当に読書前に読まなくてよかったと思う。
あと、実はp417~p432、ラスト中のラストと、解説の冒頭部分がなんと「落丁」。余韻冷めやらぬ、と書いたが本当は最後の部分は図書館で読破となった。運良く、同じ新潮文庫の物があって助かった。

nice!(0)  コメント(0) 

高校の頃の数学の教科書 [本の紹介]



数学検定が迫っているが、敢えて捨てる。
部屋の整理が何よりも優先。

教科書なので、計算問題の答えは記載されているが、証明問題は「解・略」となっているんだよね。
今更授業を受け直しできる分けでないし、解く気力が残っている分けでもないので、ここは思い切って廃棄する。

nice!(0)  コメント(0) 

奇跡のセンター英単語・熟語 これだけ1400 村瀬亨監修 小沼忠雄編著 [本の紹介]



只今、部屋の本を自炊代行に依頼する物とそうでない物に仕分け中である。
この本は、このどちらでもない、廃棄する本。2色刷だし、やらないだろうし、ね。

どういう物であれ、英単語帳1冊を完璧に仕上げたら相当な力が付くというのに、私ときたら買ってばかりで遣らず終いの学生生活だった。いつかはきっと・・・、と思って今日まで取ってきたが流石に今更センターもなかろうて。
英検の本だって沢山在るんだから、そっちで充分。

出来の悪かった私が言うのも変だが、現役の高校生や予備校生に言いたい。
こういう単語帳、学校や通信教育、予備校、そして本屋で衝動買いして数冊所有している人も多いと思う。はっきりいって、1冊だけ残して後は全部捨てた方が良い。残した1冊だけ「何頁に何が書いてあるか」まで言える程きちんと記憶した方が絶対身に付く。

書籍で本棚を埋めても偏差値は上がりません。

nice!(0)  コメント(0) 

生還 石原慎太郎著 [本の紹介]



「生還」
評価:2
「でした」「ありました」「いました」の文体が好きになれない。1つの文も短く、まるで作文を読んでいる様な錯覚に陥る。同じ表現、例えば「一縷の希み」などが何回も使われる点も戴けない。会話や心理にメリハリも無い。「俺はもうじき死ぬんだ」が1ヶ月や3ヶ月どころか1年以上も続いたら聞かされる方は勘弁して欲しいと思うだろう。


「院内」
評価:3
生還、と異なり私にとって読みやすい文体だが、無駄に難解な言い回しをしようとしている気がする。また、この作品で「メビウスの輪」はキーワードとならないのに、著者のお気に入りなのか同じ単語が使用されている。登場する少女の存在も今ひとつ。閉塞した議場に安らぎを与える妖精だったという位置づけも結構だが、休憩中に所在を後追いする程熱を入れる必要性が何処に在る。それに議場に現れる女性なのだから誰かの秘書か新聞記者。そんな対象に少女という単語を使ってしまう迂闊さからも、この作家の力量の限界が窺い知れる。


「孤島」
評価:3
こういう作品があってもいいだろうと思う程度。退屈ではなかったが頁が少ないので読み応えも然程感じられなかった。


最後に、奥野健男氏の解説が載っているが作品をべた褒めしすぎではないか。少なくとも私にとってこの3作品で感動することは無かった。


nice!(0)  コメント(0) 

宴のあと 三島由紀夫著 [本の紹介]



評価:5

書庫で黴が生えていた本。糊を剥がすようにページを捲って読んだ。
政治世界に然程興味が無く、タイトルから勝手に政治家の乱痴気騒ぎが問題になった内容だろうと決め付け放ったらかしにしていた。

感想。人間の心理とは、こうも変化するものかというものを見事に表現した小説。とある政治家をモチーフにしたとかあるが、そういう事を知らない者が読んでも、いや寧ろ知らないものの方が純粋に楽しめる内容だろう。主人公は意外にも女性である。これがまたこの小説の面白さに繋がっている。

なお、本を読み終えた後、元となったと言われる政治家のwikiを読んだが・・・、思わず吹き出してしまった。余りに、「そのままだったから」だ。
nice!(0)  コメント(0) 

<勝負脳>の鍛え方 林成之著 [本の紹介]



評価:5

この著者は、私が尊敬する人の一人だ。この人の開発した「低脳温療法」を知って医者を志した者、医者になった者も数多くいるのではなかろうか。
最近のニュースで、「体罰」「柔道女子監督の暴力問題」などが取り上げられている。タイムリーな事にそういっ熱血指導を脳科学の見地からキチンと否定しているところも頷ける。著者が仰っているように、日本のスポーツ界、アスリートと呼ばれる人、監督には間違った思考を持った人が多い。実績があるから尚更悪質だ。本当に選手を育てたい、いざという勝負時に勝ちたいと思う人はこの本を数回読んで貰いたい。また、医学を志す者にとっても非常に有益だろう。

マイナス点。オビの宣伝文句が鬱陶しい。北島康介やら諸見里が推薦、なんてどうでもいい。20万部突破、というのも一々書かなくていい。良書は誰が推薦しようが、売れようが売れまいが良書に違いないのだから。

nice!(0)  コメント(0) 

三連動大地震 柘植久慶著 [本の紹介]



これも、職場のYさんからお借りしたもの。

残念ながら、評価:1
全く面白くなかった。以前に読んだ「東京大津波」↓
http://eigobaka.blog.so-net.ne.jp/2012-12-01
を評価したのはスマトラ地震から空想して書かれていたからだが、今回読んだものは東北の震災を元にして書いたものだからだ。正直、こんな駄本なら私にだって書ける。
表現も汚い。例えば、津波で冠水した空港などを老若男女問わず「やられた」と言っているが、登場人物によって話し方を変えるという事も出来ない作家なのだろうか。
また、浜岡原発に関しての記述もおかしい。国から、中部電力から、何の情報も発せられないとあるが、御前崎市役所はすぐ近くだしその脇には原子力保安院もある。マスコミが原子力発電所敷地内に入れなかったとしても報道そのものがされないというのは無理な設定だ。
単発的なショートストーリーを延々と繋ぎ合わせた作風も前回同様だった。単調さに読者が飽きてしまうのを誤魔化すためなのか作者に技量が無いからなのかは不明だが、私にとっては苦痛な読書だった。

この人の作品は何か1冊読めば充分だろう。正直、もう懲り懲り。

nice!(0)  コメント(0) 

まんがで覚える天下無敵の四字熟語 金英&八宝漫画集団著 [本の紹介]



評価:3

四字熟語が頭に入らないので、漫画系のものを探して辿り着いたのがこの本。
他の漫画系より難易度の高い四字熟語が多いので私に合っていた。
読み方、意味、使用例、と至れり尽くせり。

減点理由。

顔が皆、同じに見える。
1つの四字熟語に1つのストーリーが用意されているが、長編ストーリーに四字熟語を使用したほうが頭に入りやすい。「大器晩成」や「自己矛盾」など、態々ページを割いて漫画を描く必要なんて無いだろう。

でも、漢字検定を受ける人が気分転換に読むには良いかも。後半は準1級レベルでした。

nice!(0)  コメント(0) 

東京大津波 柘植久慶著 [本の紹介]



評価:3

職場のYさんからお借りしたもの。東北の震災以前に、これだけの事を想定して書かれたというのが凄い。
スマトラ地震から予見したのだろうが、実際津波で空港が冠水するなんて想定できなかったもんね。
実は最初この本は取っ付き難かった。頭の中で人間関係を記憶しようとしていたから。でも、そんな必要は全く無かった。サスペンスや小説と違って、この系の本は誰と誰が姻族でその妻の名前が某でその子供の名前が・・・とか関係なかった。ただ読んでいればOKの本。


著者の経歴関係の噂をネットで見たけれど、そこは、まあ、本を読む上では関係無い話ですし評価とは無関係。

nice!(0)  コメント(0) 

テレビでは流せない芸能界のヤバい話 ヤバい話研究会芸能部編 [本の紹介]



拾った本。手に持っているだけで品格を疑われてしまう恥ずかしい本。
芸能界の「表」にすら興味が無い私にとって「裏」なんて更にどうでもいいわ。

ところで、「枕営業」なんて裏話なのかい?クスリや宗教って昔からある話じゃないの?

このクソくだらない、一時的にであれただ単に売れれば良いという考えで作られた、週刊女性を纏めただけの様な本、一体誰が書いたんだろう。

-------------------
テレビでは流せない芸能界のヤバい話 のレビューは見当たらなかった(苦笑)
著者 ヤバい話研究会 では検索されなかった。当たり前だよね。だってこの本を出版する為だけで作った会なんだから。
ブックデザイン 金・・・はどうでもいいや。主にエロ雑誌の表紙を担当しているらしい。宣伝したくないので名前も書かないでおこう。
発行者 ** 維(*** ゆい)と読むらしい。角川に入社後、富士見書房に配属。富士見書房とは?ふぅん、エロ漫画出版社か・・・
え、配属?
つーことは角川書店って別会社を作ってエロ漫画の出版してるって事か。
株式会社ティー・オーエンタテインメント 企画統括プロデューサーというのが現在の肩書き。

発行所 TOブックス(株式会社ティー・オーエンタテインメント) 発行者と発行所が同じ・・・

著者が不明なんだから、自作自演の可能性大だわな。お金を稼ぐのって大変なのねぇ。

-------------------
”すべて実話です!”も嘘。用意してある言い訳は「本当に『とある人から聴いた話』なんです」なんだろ。



どうしてこんな阿呆な本が売られているんだろう。

あ、買う阿呆、信じる阿呆がいるからか。


どうしてこんなつまらない本が売られているんだろう。

あ、作り話だと判っても面白いと思う阿呆がいるからか。


こんなのが、なんと驚きの¥1000
超吃驚(←中国語ではありません)
買いたい奴は買えば?角川さんのおクスリ代になるのか、暴力団にお金が流れるのか知らないけどさ。


---------------------
(一部削除)
危ない、危ない。明らかに判る「嘘」の箇所も書き込んだが、実はこういう本って放送作家の練習にもなっているんだよね。糞稼業のカス人間に余計な知恵を与えるところだった。

nice!(1)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。