So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

冷蔵庫と原子力発電所 [日常、雑談、愚痴]

私の職場には大型の冷蔵庫がある。
タンクに水を入れておくと製氷皿に落ち、氷が出来る。
そして、冷凍庫内にある氷受けに貯まっていく。

先日、急にこの自動製氷機能が使えなくなった。タンクに水を補充しても氷受けに氷が貯まらないのだ。

原因は何処にあるのだろうか。
製氷皿は下から触る事ができる。そして、氷が出来上がっている事が確認できた。つまり、氷は作られるのだが落下しないのだ。これだけで結論付ける訳にはいかないが、原因を仮定する事はできる。
私の考えた仮定は至って平凡なものである。製氷皿に何らかの原因で余分に水が流れ込み全体が凍りつき、落下しなくなった。若しくは回転して落下させる機械部分に水滴が付着し凍って作動しなくなった。また、タンクから水が流れ込むノズル部分が凍ったというのも一応考えられる。

私は同僚に提案した。これまた、恥ずかしいくらい平凡な意見である。「コンセントを抜いて氷を溶かし、一度水を拭き取ってみたらどうでしょう」と。

ところが、である。私の職場には私の事を嫌っているババアが何人かいるのだが、こいつらが吼えるのだ。
「寿命よ、寿命!」
私は学歴で人を判断しないが彼女は中卒である。論理的思考力も無ければ品性も無く、知的どころか普通の会話も成立しないので関わりあおうとしなかった。それが気に入らなかったのだろうが、ここぞという機会に恵まれたと思ったのか吠え出したのだ。
これがまたしつこい。私は要点を5分くらいに纏めて話したのだが、こいつは2時間後も「だからぁ、寿命なのよ」と同じ事を繰り返す。こいつの目的は冷蔵庫の機能回復ではなく単に私の意見を潰したいだけなのは明らかである。例にやってみれば良いだけの事なのにね。
好き嫌いの感情だけで棲息するオババが足を引っ張ろうと気張るのだ。因みに冷凍庫には氷受け以外にもスペースがあり、其処に入れたペットボトル飲料はキンキンに凍ることを付け加えておく。


さて、きちがいババアの話はこの辺にしておくとして、原発の話。

停止した原発の再稼動を廻って喧々囂々意見が交わされているみたいだが、一言だけ言わせて貰う。30年経って老朽化しているから危険だ、というのは上記のババアと同じレベルである。稼動後30年を古いと云うのは一般家屋と同じ感覚で語っている、恥ずかしい意見である。
どうしてこの様な時限の低い話が未だに罷り通っているかといえば答えは簡単である。思考力の無い、知的水準の低い人間にも投票権が与えられており、こういった人達の1票も政治家には大切だからだ。政治家だけではない。マスコミも同じである。部数の売上、視聴率を上げるため、何時まで経っても時限の低い話に終始する。だから私は選挙に行かないしテレビを保有しないし新聞を購読しない。

再稼動反対派を揶揄しているのではない。反対の理由で、30年を勝手に老朽化で危険と決め付けている阿呆を嫌っているだけだ。

今日、職場の冷蔵庫の一件で改めて馬鹿は社会の迷惑だと感じた。

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。