So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

三好達治 鴉 [暗記済・趣味]

風の早い曇り空に太陽のありかも解らない日の、人けない一すぢの道の上に私は涯しない野原をさまようていた。
風は四方の地平から私を呼び、私の袖を捉へ裾をめぐり、そしてまたその荒まじい叫び声をどこかへ消してしまう。
その時私はふと枯草の上に捨てられてある一枚の黒い上衣を見つけた。私はまたどこからともなく私に呼びかける声を聞いた。
-とまれ!
私は立ちどまって周囲に声のありかを探した。私は恐怖を感じた。
-お前の着物を脱げ!
恐怖の中に私は羞恥と微かな憤りを感じながら、余儀なくその命令の言葉に従つた。
するとその声はなほも冷やかに
-裸になれ! その上衣を拾って着よ!
と、もはや抵抗しがたい威厳を帯びて、草の間から私に命じた。
私は惨めな姿に上衣を羽織って風の中に曝されてゐた。私の心は敗北の用意をした。
-飛べ!
しかし何と云ふ奇異な、思ひがけない言葉であらう。私は自分の手足を顧みた。
手は長い翼になって両談に畳まれ、鱗をならべた足は三本の指で石ころを踏んでゐた。
私の心はまた服従の用意をした。
-飛べ!
私は促されて土を蹴つた。私の心は急に怒りに満ち溢れ、鋭い悲哀に貫かれて、
ただひたすらにこの屈辱の地をあとに、あてもなく一直線に翔つていつた。
感情が感情に鞭うち、意志が意志に鞭うちながら-。私は長い時間を飛んでいた。
そしてもはや今、あの惨めな敗北からは遠く飛び去つて、翼には疲労を感じ、
私の敗北の祝福さるべき希望の空を夢みていた。
それだのに、ああ!なほその時私の耳に近く聞えたのは、あの執拗な命令の声ではなかったか。
-啼け!
おお、今こそ私は啼くであらう。
-啼け!
よろしい、私は啼く。そして、啼きながら私は飛んでゐた。飛びながら私は啼いてゐた。
ああ、ああ、ああ、ああ、
ああ、ああ、ああ、ああ、  風が吹いてゐた。
その風に秋が木葉をまくやうに私は言葉を撒い てゐた。冷めたいものがしきりに頬を流れてゐた。

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。