So-net無料ブログ作成
暗記済・趣味 ブログトップ
前の10件 | 次の10件

春の七草・秋の七草・七味唐辛子 [暗記済・趣味]

・春の七草
名前 現在の名前 科名
芹(せり) セリ セリ科
薺(なずな) ナズナ(ぺんぺん草) アブラナ科
御形(ごぎょう) ハハコグサ(母子草) キク科
繁縷(はこべら) ハコベ(蘩蔞) ナデシコ科
仏の座(ほとけのざ) コオニタビラコ(小鬼田平子) キク科
菘(すずな) カブ(蕪) アブラナ科
蘿蔔(すずしろ) ダイコン(大根) アブラナ科



・秋の七草
名前 科名
女郎花(おみなえし) オミナエシ科
尾花(おばな:ススキのこと) イネ科
桔梗(ききょう) キキョウ科
撫子(なでしこ) ナデシコ科
藤袴(ふじばかま) キク科
(くず) マメ科
(はぎ) マメ科


・七味唐辛子
芥子(けし、ケシの実)
陳皮(ちんぴ、ミカンの皮)
胡麻(ごま)
山椒(さんしょう)
麻の実(おのみ、あさのみ)
青海苔(あおのり)
菜種(なたね)

※他にもありますが私はこれで覚えます。

nice!(0)  コメント(0) 

百人一首レベル7 [暗記済・趣味]

百人一首レベル7 実戦形式

決まり字の一覧表を頭に浮かべながら
jisse3.jpg


札を50枚並べる
jisse1.jpg
jisse2.jpg

暗記チェックポイント
1・完璧に再現できる
2・上の決まり字表で並べられている札のチェックが出来る

時間は無制限(目標は言わずもがな15分、大会前なら5分)

nice!(0)  コメント(0) 

三好達治 鴉 [暗記済・趣味]

風の早い曇り空に太陽のありかも解らない日の、人けない一すぢの道の上に私は涯しない野原をさまようていた。
風は四方の地平から私を呼び、私の袖を捉へ裾をめぐり、そしてまたその荒まじい叫び声をどこかへ消してしまう。
その時私はふと枯草の上に捨てられてある一枚の黒い上衣を見つけた。私はまたどこからともなく私に呼びかける声を聞いた。
-とまれ!
私は立ちどまって周囲に声のありかを探した。私は恐怖を感じた。
-お前の着物を脱げ!
恐怖の中に私は羞恥と微かな憤りを感じながら、余儀なくその命令の言葉に従つた。
するとその声はなほも冷やかに
-裸になれ! その上衣を拾って着よ!
と、もはや抵抗しがたい威厳を帯びて、草の間から私に命じた。
私は惨めな姿に上衣を羽織って風の中に曝されてゐた。私の心は敗北の用意をした。
-飛べ!
しかし何と云ふ奇異な、思ひがけない言葉であらう。私は自分の手足を顧みた。
手は長い翼になって両談に畳まれ、鱗をならべた足は三本の指で石ころを踏んでゐた。
私の心はまた服従の用意をした。
-飛べ!
私は促されて土を蹴つた。私の心は急に怒りに満ち溢れ、鋭い悲哀に貫かれて、
ただひたすらにこの屈辱の地をあとに、あてもなく一直線に翔つていつた。
感情が感情に鞭うち、意志が意志に鞭うちながら-。私は長い時間を飛んでいた。
そしてもはや今、あの惨めな敗北からは遠く飛び去つて、翼には疲労を感じ、
私の敗北の祝福さるべき希望の空を夢みていた。
それだのに、ああ!なほその時私の耳に近く聞えたのは、あの執拗な命令の声ではなかったか。
-啼け!
おお、今こそ私は啼くであらう。
-啼け!
よろしい、私は啼く。そして、啼きながら私は飛んでゐた。飛びながら私は啼いてゐた。
ああ、ああ、ああ、ああ、
ああ、ああ、ああ、ああ、  風が吹いてゐた。
その風に秋が木葉をまくやうに私は言葉を撒い てゐた。冷めたいものがしきりに頬を流れてゐた。

nice!(0)  コメント(0) 

体力作り [暗記済・趣味]

・断食
 週1回のみ。水・お茶・コーヒー(ブラック)・キャベツ、レタス、トマト(生で且ドレッシング類は禁忌)は可。

・鞄持ち
 4kg相当の鞄を左右10回ずつ上げ下げ、50回を1クール、計3クール行う

・脹脛(ふくらはぎ)
 踵(かかと)の上げ下げを50回1クール、計3クール行う

・懸垂
 10回を1クール、計3クール行う

・懸垂
 50回を1クール、計3クール行う

・腕立て伏せ
 50回を1クール、計3クール行う

・股割り
 毎日行う。勿論目標は完全なる股割り。

nice!(0)  コメント(0) 

百人一首の暗記その6 [暗記済・趣味]

lv1.jpg
表1



lv2.jpg
表2



Lv1 表1(実際には100首まである)を見ながら10首づつを1分で言う。歌人と句のみで番号は言わない。

Lv2 表1を見ながら100首を10分で言う。

Lv3 表2を見ながら10首づつを1分で言う。

Lv4 表2を見ながら100首を10分で言う。

Lv5 何も見ずに10首づつを1分で言う。

Lv6 何も見ずに100首を10分で言う。

nice!(0)  コメント(0) 

木星の衛星・ガリレオ衛星 [暗記済・趣味]

ガリレオ衛星を見てきました。
20cmの屈折望遠鏡と65cmの反射望遠鏡で。

こんな風に、
420px-Jupitermoon.jpg

なんて、嘘。見えたのは只の光の点ですよ。
木星は、反射望遠鏡でやっと豆電球位の大きさ。黒っぽい筋が2本見えました。

それだけです。

1610年1月7日はガリレオが衛星を見つけた日なので、来年の1月7日は丁度400年になるらしいです。
それがどうしたと言われればそれまでなんですが。。。

折角なので、木星の衛星の名前を覚えましょう。

I イオ
II エウロパ
III ガニメデ
IV カリスト


nice!(0)  コメント(0) 

外郎売 その2 [暗記済・趣味]

あっしが外郎売に夢中になった理由。

それは、あっしが目指しているものがそこにあったから。

私が目指しているものとは、ズバリ「多芸」。


これじゃあ、余りに漠然としているので一つ例を挙げます。

英検1級

いつかは英検の1級を取りたいと思っているのですが、外郎売と何の関係があるのか理解できる人はいらっしゃいませぬか?

理由は以下の通り。

・母国語の活舌が悪い人は英語を学んでも流暢に喋れるようにはならない

これに尽きます。活舌以前に文法が変な人は尚更です。つまり、確りと自分の意見を持ち、それを言葉として表現出来なければ外国語の習得なんぞ無理なんです。で、まあ、そういう訳で来月日本語検定を受ける訳ですが、それの目的は確かな日本語を喋れるようになるため。外郎売は活舌を良くする為、といったところでしょうか。

それ以外にも様々なメリットがあります。

よく、英語を習得するには声に出して覚えることだ、と言いますよね。間違ってはいないのですが、効果に実感が涌かない人も多かろうかと思われます。そういう人は是非この外郎売を練習してみてください。早く喋ろうとしたら必然的に喋っている間に次に喋る文言が頭の中に浮かびます。そういう状態にならなければつっかえてしまいます。つまり、英語でも同じ。流暢に英語を話したければ、喋っている間に次に話す言葉を頭の中に思い浮かべなければなりません。この状態に持っていくことが絶対必要だと認識させてくれるのが、この外郎売なんです。

その他にも色々メリットがあります。

・宴会の席で芸を強要されたとき。
・外国人から歌舞伎を知りたいと言われた時。
・初対面の人との話題に。
・脳の活性化に。
etc.


実際、個人差はあるものの5分もの長台詞を台本も見ずに言い果せるのは圧巻の一言に尽きます。

小学生からお年寄りまで誰もが挑戦できる、そして習得できる、この面白い「芸」に挑戦してみては如何でしょうか。

nice!(0)  コメント(0) 

外郎売 [暗記済・趣味]

「げろう」売りじゃ御座いません。ういろう売りです。

これが又面白い。

原文と音声はこちらをご覧ください。

http://www.d7.dion.ne.jp/~hal9000/uirouuri.htm

「自分には絶対に無理だ」
と思われるお方も御座いましょうが(←笑うところですヨ)
練習に練習を重ねると、そこそこ舌も銭ゴマが裸足で逃げるように廻ります(嘘)。

ただ、科白は全部頭の中に入ってしまいます。

へぃ、あっしも河川敷で練習していたら言える様になってしまいました。

別にアナウンサーや声優を目指す人でなくとも、「一芸」には持って来いなので是非覚えてしまいましょう。

特に秀でたものが此方↓。
http://www.yayaya.co.jp/tv/narration/index.html
河野司さんという朗読家の演劇。

練習している方は是非ご覧になってください。



nice!(0)  コメント(0) 

百人一首の暗記その5 [暗記済・趣味]

100首うろ覚え状態から実践に使えるまでステップアップします。

決まり字で覚えるんでしょ、とお思いの貴方、ちょっと待ってください。

確かに決まり字で覚えるのですが、その前にワンステップ置きましょう。

名づけて、「札の仕分け」です。

一字決まりの「むすめふさほせ」とそれ以外に分けます。

それ以外の93首を、同音で始まるものが2枚あるもの、3枚あるもの、4枚、、、、、、

という風に分けます。

同音2枚は、
うかりける
うらみわび

つきみれば
つくばねの

しのぶれど
しらつゆに

ももしきや
もろともに

ゆふされば
ゆらのとを

の10枚です。「うつしもゆ」と覚えます。

同音3枚は、
いにしえの
いまこむと
いまはただ

ちはやぶる
ちぎりおきし
ちぎりきな

ひさかたの
ひとはいさ
ひともおし

きりぎりす
きみがため は
きみがため を

の3×4の12枚です。「一引き」と覚えます。

同音4字は、
はなさそう
はなのいろは
はるすぎて
はるのよの

やすらわで
(以下省略、計や4枚)

よ、4枚

か、4枚

で16枚。頭を取ると「はやよか」なのですが、16枚は多いのでもう少し丁寧に覚えます。
「は」は「春花」、「や」は「須磨へ」(2文字目を取りました)、「よ」は「物を」、「か」は「くさせ」


同音5枚は、「み」だけです。よって2文字目を取って、「勝ち寄せ」

同音6枚は、「たこ」
「た」は、「柿ゴマ散れ」。「こ」は「火の粉濡れ」。

同音7枚は、「おわ」
「お」は、「具も得覆う」。「わ」は、「姿美」。

同音8枚は、「な」のみ。「西にはツゲが」。


同音9~15枚はありません。


同音16枚は「あ」のみ。「腹決まり差し引け」と覚える。


-------------

纏めます。

1字決まり「むすめふさほせ」
同音2枚「うつしもゆ」
同音3枚「いちひき」
同音4枚「はやよか」→「春花」「須磨へ」「物を」「くさせ」
同音5枚「み」→「勝ち寄せ」
同音6枚「たこ」→「柿ゴマ散れ」「火の粉濡れ」
同音7枚「おわ」→「具も得覆う」「姿美」
同音8枚「な」→「西にはツゲが」
同音16枚「あ」→「腹決まり差し引け」


これを紙に書きます。
P1010372.JPG

床に並べます。
P1010373.JPG


この上に札を置いていきます。
P1010374.JPG

何故、この作業が必要なのか。それは、
・一字決まり=札を取るため

なのに対して、

・札の仕分けは、=札を並べるのに必要

だからです。そう、百人一首をやろうと思ったときにまず必要となるのが、札を並べるという作業。
なので、初心者は絶対にやって損は無いはずです。


因みに私は10枚ほど置けずに悩んでしまいました。まだ知識があやふやなのでしょう。それに90枚置くのにも1時間掛かってしまいましたし。

暫くはこの方法で訓練し、最終的には20分で仕分け完了出来る様になる心算です。

(09/10)追加
百人一首の暗記は今回で最後です。

今回の仕分けが出来るようになったら、最後にカルタ100枚を手に持って、
「決まり字」だけを読んで切っていく作業をしてください。一枚当たり3秒以下。100枚で5分以下です。
決まり字を正確に覚えると、今度は札を並べる段階で、覚えやすいように置けますし相手の札も頭にはいる様になります。
後は、実践を積むと、何度も繰り返し歌を聴かされるので決まり字以外の上の句も正確に頭に入るでしょう。


この仕分けは、S県高等学校文化連盟のをパクりました。
問題があったらご連絡ください。

nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | 次の10件 暗記済・趣味 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。