So-net無料ブログ作成

漢字検定 間違い見直し① [日本語の練習]

平成24年度第1回
 田畑を盤桓し刈穫の予定を立てる。庚寅の飢餓飢饉の影響で、既に烹炊所に米は無く腔腸動物を帥先して食す。経典を請来するも理解できず掻頭ばかりしていたが、柊葉が枯れてしまったのに気づき哀咽す。
-----------------------
 人員整理で激増した仕事量も均されてきたが、経営は終に谷まったか。男を出汁にするため淑やかに領元を隠すも、賦には弱い私。人生に捷つには男にも女にも捷たねばならぬ。喩え倫理に戻るとしても、だ。弊履の如く捨てられたら、政界に入り時弊の打破に努めるか回漕業でも営めば生きていけよう。
-----------------------
 粉黛麗しき芸妓は世人の好尚に合い、而立の者に尚心が芽生えた。
 苦衷は察するに余りあり、衷心から奉加金に感謝する。
 枯れそうな蔦漆や野蒜が雨で蘇生したので姑息な手段で萌芽期を乗り越えた。
 篤志家の冥福を祈り、燦然たる峻嶺を絶唱するが、苛立つ心を慰撫するに至らず。
-----------------------
 街談巷説にて耳に入る才子佳人の掩耳盗鐘は鼓腹撃壌の世だからであろうか。
 一張一弛で折衝禦侮に努めても雑草の禾黍油油に周章狼狽し朝穿暮塞を進言するも、首鼠両端の態度を取られた。

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。