So-net無料ブログ作成

テレビでは流せない芸能界のヤバい話 ヤバい話研究会芸能部編 [本の紹介]



拾った本。手に持っているだけで品格を疑われてしまう恥ずかしい本。
芸能界の「表」にすら興味が無い私にとって「裏」なんて更にどうでもいいわ。

ところで、「枕営業」なんて裏話なのかい?クスリや宗教って昔からある話じゃないの?

このクソくだらない、一時的にであれただ単に売れれば良いという考えで作られた、週刊女性を纏めただけの様な本、一体誰が書いたんだろう。

-------------------
テレビでは流せない芸能界のヤバい話 のレビューは見当たらなかった(苦笑)
著者 ヤバい話研究会 では検索されなかった。当たり前だよね。だってこの本を出版する為だけで作った会なんだから。
ブックデザイン 金・・・はどうでもいいや。主にエロ雑誌の表紙を担当しているらしい。宣伝したくないので名前も書かないでおこう。
発行者 ** 維(*** ゆい)と読むらしい。角川に入社後、富士見書房に配属。富士見書房とは?ふぅん、エロ漫画出版社か・・・
え、配属?
つーことは角川書店って別会社を作ってエロ漫画の出版してるって事か。
株式会社ティー・オーエンタテインメント 企画統括プロデューサーというのが現在の肩書き。

発行所 TOブックス(株式会社ティー・オーエンタテインメント) 発行者と発行所が同じ・・・

著者が不明なんだから、自作自演の可能性大だわな。お金を稼ぐのって大変なのねぇ。

-------------------
”すべて実話です!”も嘘。用意してある言い訳は「本当に『とある人から聴いた話』なんです」なんだろ。



どうしてこんな阿呆な本が売られているんだろう。

あ、買う阿呆、信じる阿呆がいるからか。


どうしてこんなつまらない本が売られているんだろう。

あ、作り話だと判っても面白いと思う阿呆がいるからか。


こんなのが、なんと驚きの¥1000
超吃驚(←中国語ではありません)
買いたい奴は買えば?角川さんのおクスリ代になるのか、暴力団にお金が流れるのか知らないけどさ。


---------------------
(一部削除)
危ない、危ない。明らかに判る「嘘」の箇所も書き込んだが、実はこういう本って放送作家の練習にもなっているんだよね。糞稼業のカス人間に余計な知恵を与えるところだった。

nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。