So-net無料ブログ作成

金持ちって馬鹿が多いよね [日常、雑談、愚痴]

ある都市(国外)に目を着け、色々情報を調べてはや2週間。
興味を持った理由は投資ではなく、都市の抱える問題に着目したから。

対岸の火事ではなく、自分に何が出来るのだろうかと色々調べた訳よ。

その過程で様々な情報が入ってくる。

中でも目を引いたのが「日本人によるアメリカ不動産投資」だ。
都市が問題を抱え、それが顕著になれば不動産は下落する。その行き過ぎた下落を利用し賃貸をして収益を確保しようというのが彼らの考え。

悪くは無い。グローバルな投資家というのは本来そうあるべきものだ。
ある意味かっこいいと言えるかもしれない。

アメリカ不動産投資で年間利益20%~30%以上。日本人だとお二人が主に活躍しているみたいだね。いいんでないか。

でもね、それは都市の抱える問題を改善することには役立っていないの。
それにね、不動産投資セミナーを開いて共同者を募集している時点でアウト。
儲かる自信があるのなら出資者を募ったりしないからね。

結局この人、詐欺とは言わないけれどリスクヘッジに動いているだけ。
つまり、3万ドルで仕入れた不動産、確かに賃貸で埋められれば不労所得で年30%以上は可能なんだろうけれど産業(つまり就労の機会)が無い都市で賃貸を借りる人なんてどれだけいるんだろう。
まあ、そんな考えで日本人投資家を集めて、3万ドルの物件を3万4千ドルで売却できれば、いや世界景況が悪化しても2万6千ドルくらいで損切りできれば...
そう考えたからセミナーなんか開くんでしょうね。

事実、彼がD市で不動産を仕入れてから超円高。賃貸収入があったとしても物件そのものの価値は日本円で2割下落。更に、賃貸入居者がいない不動産物件は年月を増すごとに価値そのものが落ちる。

しきりに信頼できる管理会社に助けて貰っているというが、「じゃあ、その管理費用や固定資産税で年間幾ら出費するねん」と突っ込みどころ山さん。
高級住宅地を廻る動画で、ドライバーが掛けていた音楽が何と「マイケル・ジャクソン」。そこまでして親近感を持って貰おうとする理由ってなんなのさ。


もう一人、女性でご活躍の方。こちらも海千山千で多難を乗り換えた手腕の持ち主。でも、ネットで見つけてしまったんですね。阿呆な動画を。安い物件は、所謂ボロ。当然修繕が必要なんだけれど、その動画は壁に穴があいた箇所にセメントを塗りこんで「ほーら、こんなに簡単に修繕できるんですよ~」というもの。

本当の投資家なら、トータルで幾ら注ぎ込んで、幾ら回収できるかを計算するもの。安い物件を仕入れて、しかも修繕費用なんて大した事無いよと思わせぶりな見世物は逆効果なんだよね。


まあ、騙されるというか引っかかるというか、そういう”頭の悪い金持ち”は胡散臭いセミナーに現金支払って参加して現地でくだらないパフォーマンスを見てがま口開けばいいんでないかい。

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。