So-net無料ブログ作成

私の万葉集 大岡信著 [本の紹介]



評価:5

万葉集と聞くと敷居が高い気がするが、そうでもないよと安心させてくれる1冊。
風景や恋を歌ったものばかりではなく、遊びで作られたものも多数存在している。
また、時代、文法や言葉、人間関係の解説あり、と至れり尽くせり。

気軽に読めるが、もし本気で読みたいのなら、古代日本史の年表と人間関係図をネットで落とし、印刷して壁に貼って読むと良いかも知れない。何せ、私は壬申の乱も知らない(高校の社会は地理)人間なので。

現在古文の再学習をしているが、恋文や返歌をササッと作れるようになる日は訪れるのだろうか。

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。