So-net無料ブログ作成

数理ファイナンス [放送大学]

名称未設定 1.jpg
※個人的興味を持ったところをピックアップしたものであって、レポートや単位認定試験には適応しておりません。

第1章
平均値と分散値


第2章
標準偏差


第3章
2銘柄への分散投資


第4章
3銘柄以上への分散投資


第5章

第6章

第7章

第8章

第9章

第10章

第11章

第12章

第13章

第14章

第15章

分散や標準偏差は、「統計学」でやろう。
内容は、基本的にリスク回避は分散投資で、2銘柄の場合と3銘柄以上にした場合の計算。

色々な計算式が出てくるが、この科目の最大のウリはラグランジェの未定乗数法らしい。

これが解ける様になることを目標にして、この科目は終わりにしたい。

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。