So-net無料ブログ作成

環境と社会 [放送大学]

名称未設定 1.jpg
※個人的興味を持ったところをピックアップしたものであって、レポートや単位認定試験には適応しておりません。

第1章
1962年レイチェル・カーソン「沈黙の春」


第2章
4大公害病
水俣病、第二水俣病、イタイイタイ病、四日市喘息


第3章
二酸化炭素の濃度観測(キーリング曲線)


第4章
水俣病の公式確認が1956年、公害病としての認定は1968年


第5章
環境影響評価を環境アセスメントという


第6章
アメリカで公害→知る権利法→規制を厳しくした訳でもないのに有害物質の排出量が減少


第7章
スターンレビュー
「行動しないことがもたらすコストの大きさ」「GDP1%を温室効果ガス削減へ投じると被害は抑制できる」


第8章
持続可能な発展は環境問題だけでなく南北問題をも含む。


第9章
ピグー税とボーモル=オーツ税


第10章
森林環境税を最初に導入したのは高知県


第11章
局地的に汚染が集中する問題をホットスポット問題という


第12章
持続可能な発展原則は、1992年リオ宣言で採択


第13章
大石武一(おおいし ぶいち)医学部助教授から衆議院議員、参議院議員、環境庁長官、農林大臣。
水俣病「疑わしくは認定する」、尾瀬の自動車道路建設を中止。
橋本道夫 大阪大学医学部卒業後、米国ハーバード大大学院を修了。厚生省に入省。新設された公害課初代課長を6年間勤める。


第14章
1972年、ストックホルムにて国連人間環境会議


第15章
真の進歩指標GPI

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。