So-net無料ブログ作成

動物の科学 [放送大学]

名称未設定 1.jpg
※個人的興味を持ったところをピックアップしたものであって、レポートや単位認定試験には適応しておりません。

第1章
5億7千万年前エディアカラ生物群


第2章
動物は従属栄養の生物である。


第3章
家畜の種の起源
牛→西アジア
豚→ユーラシア
馬→ユーラシア
羊→中近東
ヤギ→西アジア
鶏→東南アジア


第4章
夫婦の10~15%が不妊症


第5章
ES細胞は胚を利用する、つまり殺すことを意味するので倫理上の問題がある。


第6章
ホメオーシス(相同異質形成)


第7章
発生。卵の中で起こる発生は「胚発生」、卵からかえった後に起こる発生は「後胚発生」


第8章
哺乳類の感覚受容器官で受容された感覚情報は、最終的には大脳の表層部にある大脳皮質の特定部分に送られ、そこで処理される。


第9章
アリやハチは社会性昆虫。


第10章
繁殖の回数。サケやアユやウナギなどはたった一回であり、産卵後は死んでしまうが、これを一回繁殖という。他方、多くの哺乳類や鳥類は毎年のように産卵あるいは子を出産する多回繁殖である。


第11章
動物には様々な集団行動や協力行動が見られる。


第12章
中枢神経系は、大脳、小脳、中脳、間脳、橋、延髄、脊髄に分類される。


第13章
ホルモンとは、「限定された器官から放出され、離れたところにある他の構造(標的器官)に特異的効果をもたらす物質」と定義される。


第14章
21世紀最大の感染症の脅威は、鳥インフルエンザである。世界規模の大流行(パンデミック)が到来する可能性がある。現在まで人類は、何回かのインフルエンザのパンデミックを経験した。これは数十年単位で、しかも前触れも無く発生している。20世紀には少なくとも4回の流行があった。


第15章
畜産革命。今日では鶏舎で膨大な数のニワトリが、栄養豊富な飼料を与えられてシステマチックに飼われている。日本では1960年から2004年の間で畜産物の消費量が約4倍に増加している。

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。