So-net無料ブログ作成

生物界の変遷 [放送大学]

名称未設定 1.jpg
※個人的興味を持ったところをピックアップしたものであって、レポートや単位認定試験には適応しておりません。

第1章
K-Ar法は、カリウム40がアルゴン40に変化するのに注目していて、半減期が12億5千年であり、測定の効果的な推定年代は10万年前以上である。
14C法は、炭素14が窒素14に変化するのに注目していて、半減期が5730年であり、もっとも短い時間間隔(8万年前まで)での年代測定に用いられている。


第2章
最も古い岩石はカナダ北西部のアカスタ片麻岩で、今から40億年前のものである。
次に古い約38億年前の岩石はグリーンランドのイスア緑色岩で、生物が既に誕生した証拠が見つかっている。


第3章
細胞の種類(単細胞と多細胞)


第4章
菌類とは、カビやキノコの仲間の総称である。菌類は、光合成能力を持たないにもかかわらず、二界説では、植物に含まれてきた。これは細胞壁を持ち運動能力に乏しい点からである。しかし、研究が進むにつれ、菌類は光合成能力以外でも植物と大きな違いがあることが明らかになり、五界説が提唱されて以来、独立の界として認められている。


第5章
多細胞生物の出現によって、生物界は急速に多様性を増したが、それは水中のことであった。


第6章
陸上植物の分類
コケ、シダ、種子植物


第7章
白亜紀と新生代第三紀の境界で起こった、K/T絶滅。


第8章
現在の節足動物門は、分類学的に約20の綱で構成され、その多くは海洋中に生息している。


第9章
今から4億5千万年前のオルドビス紀に、魚類の中から四肢動物が派生し陸上に登って以来、それらが大きく多様化していった。今日の地球においては、四肢動物として両生類、爬虫類、鳥類、哺乳類が生息している。


第10章
遺伝的差異は突然変異によって生み出される。


第11章
系統樹とは系統すなわち生物の分岐の道筋を図に示したものである。


第12章
ヒトならば22本の常染色体、およびX染色体、Y染色体の合計24本となり、これがヒトの遺伝情報の総和となる。


第13章
花は植物の最も複雑な生殖器官である。一般に、4つの器官、すなわり、ガク片、花弁、雄しべ、雌しべからできている。


第14章
Hox遺伝子は体の各体節を決定する。


第15章
哺乳類の霊長類は、約190種ほどが知られている。

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。